プチドライブ

まりもさんの術後1ヶ月のお散歩禁止期間は、まだ続いていますけれど、家に閉じこもりっぱなしも良くないので、10月11日に、気分転換にプチドライブしてきました。

 

家から車で1時間ほどで、この景色。
marimo2021101701

 

ここは中央道談合坂SA付近です。あ、もちろん一般道ですよ。

 

景色を見ながら、家から持って行ったおむすびを食べました。

 

まりもさんは、家から持って行ったお昼カリカリご飯を食べました。
marimo2021101702

 

帰り道の途中で、ちょっとだけ地面に降りました。3分くらい(笑)
marimo2021101703

 

来週は1ヶ月検診です。もうちょっとの我慢だね。

 

抜糸と血液検査

10月6日に、まりもさんは抜糸をしてきましたよ。

 

傷口も問題なし。一緒に実施した血液検査も問題なし。貧血も炎症も血小板減少もありませんでした。聴診器をあてて異常があったらエコーも実施する予定でしたが、それも異常なしで検査は血液検査だけ。

 

ALL OK !

 

家ではまだ、できる限り安静にしています。10月下旬に術後1ヶ月検診があるので、それまで我慢、我慢。

 

前回書いた血小板減少症の方は、いまはステロイドと免疫抑制剤を飲んでいます。今後は徐々にステロイドを減らしていって、免疫抑制剤だけにする方向で進めていくことになりそうです。こちらは、かかりつけの先生と相談です。

 

今週は、写真はなし。すみません。お出かけできない分、もっと家の中でも撮らなくちゃね。

 

これまでの経緯

少し落ち着いたので、これまでの経緯をざっと書いておこうと思います。かなり長文です(汗)

 

1月にワクチン前の健康診断で心雑音を指摘されて精密検査をしたところ、僧帽弁閉鎖不全症の診断になりました。当面は投薬不要ということで、しばらくは普通に過ごせていましたが、3月後半から徐々に呼吸数が増えてきて、肺水腫の診断。利尿剤と強心剤の服用が始まりました。

 

4月後半から、また呼吸数が増えて咳も出てきました。何度か利尿剤の注射などで対応していましたが、GWに初めての入院になります。

 

退院後、しばらくは安定していましたが、5月末に2度目の入院。5日ほどで退院できましたが、そのときに心臓の状態が悪いと言われてしまいました。僧帽弁閉鎖不全症のステージはAからDまでありますがステージC。悪い方から二つ目です。

 

退院後に二次医療の病院に予約していただき、手術可能かどうかを含めて診断いただきました。手術となれば、当然リスクがあります。手術そのもののリスク、術後の血栓などのリスク。年齢が高齢ということもリスクが高くなる要因です。万一のことがあったらと相当悩みましたが、家族で相談して手術していただくことに決めました。予定日は8月9日。急いだほうが良いとのことで、その前にでも予備枠が空けば実施とのお話でした。

 

手術を待つ間、何度か肺水腫で入退院を繰り返していましたが、手術する病院から連絡があり、7月13日に手術決定。ところがその1週間前と当日の血液検査で、血小板が0という衝撃の結果...

血小板が0では血が止まりにくくて手術はできません。手術は当日になってから急遽中止。その足でかかりつけ医に行って、血小板減少症の治療を開始しました。おそらく免疫介在性だろうとのことで、ステロイドを処方したところ、幸いなことに血小板の量が回復してきました。

 

手術までにステロイドをできるだけ減らす必要があるため、血小板の回復後に薬を減らしていきました。ステロイドは徐々に減らしていく薬なのですが、できるだけ早くということで、先生の判断で通常の1.5倍のスピードで減らしていきました。

 

8月末にかかりつけの先生と二次医療の先生で相談していただき、手術に向けて再スタートすることになりました。ステロイドはゼロにはできないけれど許容範囲とのこと。予約を入れていただき、9月10日に手術に向けて検査を実施。今回は問題なし。もちろん手術のリスクは少し高くなりますが、ステロイドを処方しながらの手術は事例が少なくて、どのくらいのリスクなのかは分からない部分もあるとのことでした。ちなみにこの時点で、僧帽弁免疫不全症のステージはDとの診断でした。

 

手術予約日は11月でしたが翌週末に連絡あり、予備枠が空いたとのことで9月21日の手術が決定。

 

当日は朝から直前の検査を実施して、問題なし。そのまま預けて待機します。麻酔前と術後に連絡いただけるとのことでしたが、万一に備えて病院の近くで車で待機していました。

14時過ぎに麻酔開始。終了の連絡があったのは18時15分でした。先生の説明では術後の状況は良好で、血液の逆流もほとんど無くなったとのことでした。当日は面会できないので、そのまま帰宅。

 

翌日から毎日面会に行きましたが、会って興奮してしまうのが怖くて、寝ているところを遠目で見るかスマホを渡して写真を撮っていただきました(病院側は面会しても大丈夫と言っていただきましたが、我慢して断りました)。面会の際に毎日の血液検査などの数値を丁寧に説明していただきました。

 

手術から4日後に退院して問題ないと言われてびっくり。最初は1週間、年齢を考えると2週間近くの入院が必要と言われていたので、覚悟していたのですが....順調すぎるほど順調で拍子抜けするくらいです。そして手術から5日後の9月26日に退院しました。

 

退院後は1ヶ月はお散歩等はご法度。サークルに入りっぱなしとは言わなくとも安静にと言われています。リビングをトコトコ歩いたり、抱っこしたまま外に出たりはOK。ドライブも車の中でおとなしくしている分には大丈夫とのことでした。なるべく興奮しないように気を付けています。

 

退院後、かかりつけ医の方で血液検査を2回しました。主に血小板や貧血(術後は一時的に貧血になります)の状態、炎症を起こしていないか等を見ていますが、いづれも順調。8日には抜糸を予定しています。

 

かかりつけのお医者さんと二次医療のお医者さんの見事な連係プレーで、無事に手術を終えることができて、手術から今日まで驚くくらい順調に回復しています。本当に感謝しかありません。

 

まずは、このまま無事に安静期間を終えるのが目標ですね。

 

今日のちょっとドライブの写真です。大人しくしてますよー
marimo2021100301

 

くつろいでますー
marimo2021100302

まりもは14歳になりました

まりもさんは今日で14歳になりました!

 

これまで病気ひとつしていなかったまりもさんですが、今年になってから僧帽弁閉鎖不全症が見つかり、ここ半年はそれ以外の病気も含めて、なかなか大変な日々でした。正直なところ、今日を迎えられるか心配したこともありました。

 

無事に14歳の誕生日を迎えられて、本当にうれしく思っています。

 

恒例の想い出動画です。お出かけが少なかったので今年は短いと思いきや、5分42秒もあります(笑)

これでも昨年よりは1分半短いわけですが。

 

BGM付きなので、音量にお気を付けください。

 

これから1年、いっぱい想い出を作って、また来年も元気に誕生日を迎えられますように。

 

まりもさんは元気ですよ

先日9月21日に、まりもさんは僧帽弁閉鎖不全症の手術を受けました。

 

 

術後、1週間から2週間は入院と言われていたのですが、超順調に回復して、なんと5日後の今日の夕方に退院できました。

 

おうちのクッションでくつろいでまーす
marimo2021092601

 

傷口保護のために服を着ています。まだ運動はご法度で基本的には安静にしている必要がありますが、リビングをトコトコ歩くのは問題ないそうです。

 

詳しいことは来週に書こうと思っていますが、まずはお知らせです。まりもさんは元気です!

 

ガタガタトリミング

18日の土曜日、まりもさんはトリミングしましたよ。もちろんトリマーさんのところには行けないので、おうちトリミングです。

 

ガッタガタ(汗)
marimo2021092001

 

だって入院前に手足だけ、退院してから顔廻りと体を分けてやったんだもん。時間が長くなって呼吸が悪化しちゃうとつらいもんね。だからガタガタでも許してね。

 

きっと少し伸びれば目立たなく...なるかなあ(汗)

 

まりもさんは相変わらずです。水を飲んだ後は咳き込むことが多いですが、それ以外はほぼ普通の呼吸です。ただ、薬の量は先日の入院からまた少し増えているので、それでも咳き込んでしまうのがね...

 

おまけ。ネムネムまりもさん。具合が悪いんじゃなくて眠いのです。
marimo2021092002

 

退院しましたよ

5回目の入院になってしまったまりもさんですが、10日に退院しました。

 

朝一番に迎えに行って、今回は別の病院で検査するために、そのまま直行。まりもさんにとっては厄日かも(汗)。お昼前に検査も終わって帰宅。のんびり過ごしました。

 

いまは呼吸は安定しているのですが、水を飲んだ後とか少し咳が出る感じです。すぐに収まっているのですが...様子見しています。

 

翌日11日に、だいぶ伸びてきた顔まわりの毛を、少しカットしました。トリミング屋さんには行けないので、飼い主自らハサミでバサバサ切ったら、ちょっと段差だらけになっちゃった。まあ少し伸びれば目立たなくなるでしょう。

カットと言えば、いきなり全身カットするのは負担になりそうなので、入院前に手足だけカットしていたのですよね。だから今は体だけちょっと長いというアンバランスな状態。落ち着いている時を見計らって、体もカットしなくちゃね。

 

そして今日、けっこう爪が伸びているのに気が付いたので、爪切りをしました。入院中は歩けないから伸びちゃうんですよね。お散歩できれば、それだけで削れるんですけどね。まりもさんは、毎日嫌なことをされて不機嫌かも。

 

写真は7月のもの。車の中で膝枕 ♪
marimo2021091201

 

5回目の入院

ここには元気ですよの報告をしたいと、いつも思っているのですが、今日の夜から5回目の入院になってしまいました...

 

最近はずっと調子が良く、特にここ数日は夜も呼吸が安定していたので、昨日・今日とチョッピリドライブをしました。

 

まりもさんは、外を見たり...
marimo2021090501

 

真ん中で寛いだりして、気ままに過ごしましたよ。
marimo2021090502

 

今日は、雨の合間に10分ほど地面にも降りました。
marimo2021090503

 

家に帰ってからも穏やかな様子だったのですが、夕方から咳が止まらなくなってしまって、別荘(酸素室)に入ってもあまり変化が無かったので、夜になって病院に行きました。

 

レントゲンの結果は軽い肺水腫とのことで、当直医の先生と相談して入院をお願いしました。夜遅くに主治医の先生と話したところ、だいぶ落ち着いてきていて、状態としては前回の入院のときよりは良さそうとのことでした。心臓病なので油断はできないのですが...

 

とりあえず入院して利尿剤を注射してもらって、様子見という感じです。無事に退院できますように。

 

出かけられない日々

未だデルタ株の脅威が吹き荒れている、まりもさん地方です。緊急事態宣言も延長になって、基本的にはステイホームで、ほとんど家から出ていません。在宅勤務できるのは、ありがたいことです。いつも、まりもさんと一緒にいられるしね!

 

まりもさんは相変わらずで、昼間は超安定、夜中に呼吸が多くなるパターンの繰り返し。

昼間は、本当に呼吸が苦しくなるような気配もありません。午後は寝ている時間が多くなりましたが、食欲バッチリ。水もよく飲んでおしっこもたくさんしています。利尿剤を飲んでいるからね。

 

でも、夜中から明け方にかけて呼吸数が多くなって、別荘に移動することが多くなりました。先日レントゲンを受けましたが、特に肺水腫が進行している感じでもなさそうで、なんで夜だけ苦しくなるのか、よくわからない感じです。ううむ。少しでも穏やかに過ごせるようになると良いのですが。

 

どこにも出かけられないので、またまた過去写真。7月3日に横浜の港の見える丘公園近辺をドライブして、ちょっとだけ根岸森林公園の駐車場でお散歩しました。
marimo2021082901

 

 

安定してる?

退院から1週間。

 

まりもさんの呼吸は、日中は安定しているのですが、夜は少し荒くなっています。利尿剤を飲んでいるので、日中はたくさん飲んでたくさんおしっこしているのですが、夜は我慢しちゃうみたいで、それで呼吸数が多くなってしまうように思います。幸い、舌や唇の色が変わってしまったり、ぐったりしたりということは無いのですが。

 

あまりひどい時は、寝ているのを起こして別荘にINして、頑張っておしっこしてもらっています。

 

うーん、安定しているとまでは言えないなあ...

 

まりも家地方はデルタ株が猛威を振るっていて、緊急事態宣言下にあります。まあ、それもあって、お出かけは完全自粛。まりもさんも無理せず、ステイホームしているので、写真が全然ありません。

 

これは7月に相模湖の方にドライブした時のもの。早くお散歩できるようになりたいね。
marimo2021082301